人の体の中では

保湿成分であるヒアルロン酸が皮膚の中の真皮で水を豊富に保持しているおかげで、外部環境が様々な変化や緊張感によって乾燥状況になっても、肌は大きな影響は受けずに滑らかな状況でいることが可能なのです。

人の体の中では、次々と消化酵素によるコラーゲンの分解と再合成が行われています。加齢が進むと、この均衡が失われ、分解活動の方がだんだん多くなってきます。

「美容液は価格が高いからほんの少しずつしか塗らない」との声を聞くこともありますが、肌に栄養を与えるための美容液をケチって少ししか使わないなら、化粧品そのものを購入しない生き方を選んだ方が、その人のために良い選択とすら感じてしまいます。

10~20歳代の健やかな状態の肌にはセラミドが十分に含有されており、肌も張りがあってしっとりとした手触りです。けれども残念ながら、歳を重ねる度にセラミド量は徐々に減退してきます。

アトピー性皮膚炎でダメージを負った肌の治療に使用が推奨されることもある高い保湿力を誇るセラミド。このセラミドを使用した低刺激性の化粧水は良好な保湿効果があり、外部の様々な攻撃から肌をガードする重要な作用を強くします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>